ヘム鉄のサプリメントを選ぶ方法

ヘム鉄のサプリメントを選ぶ方法

ヘム鉄のサプリメントを利用する人は多く、たくさんの会社がヘム鉄サプリメントを製造しています。いろいろなヘム鉄サプリメントの中から、自分に合うものを見つけるにはどうするべきでしょう。鉄分サプリメントに用いられる鉄分には、ヘム鉄と、非ヘム鉄があります。体にはヘム鉄のほうがいいですが、ヘム鉄のサプリメントの方が高価格です。サプリメントのメーカーによっては、ヘム鉄を少しにして非ヘム鉄をたくさん使用してサプリメントを作っているケースも見られます。配合云々を明確に記載しなければ、ヘム鉄を使っているという事実はゆるがないので、ヘム鉄のサプリメントだということができます。しかしこの場合、非ヘム鉄もサプリメントに一緒に含まれていることになります。吸収効率の違いだけでなく、非ヘム鉄には副作用のリスクがあることが指摘されています。非ヘム鉄の場合、食物繊維やタンニンにつながって吸収しづらい状態になったりします。サプリメントで非ヘム鉄を摂取することで、鉄イオンになる時に活性酸素を多くしてしまうことがあります。非ヘム鉄を摂取した場合には副作用があると考えられるので、出来る限り摂らない方が賢明です。鉄サプリメントの中には、ヘム鉄使用を前面に押し出しておきながら、実は成分の一部が安価な非ヘム鉄ということもあります。鉄分のサプリメントを購入する場合は、ヘム鉄の配合割合がどのようになっているかを事前にチェックしましょう。

ヘム鉄サプリメントの副作用

ヘム鉄のサプリメントで副作用が起きたりするのでしょうか。ヘム鉄のサプリメントは、鉄分不足を気にする人には重要な存在ですが、飲みすぎなどが原因で、体によくない作用を及ぼすことがありますので気をつけましょう。過剰にヘム鉄を飲むと、糖尿病のリスクが上がったり、鉄中毒になることがあります。また、胃腸の働きや、肝臓の動きに支障が出ることもあります。ヘム鉄のサプリメントを摂取する時は、鉄分の1日上限摂取量である40から45mg以上は摂取しないように気をつけましょう。人によっては、長い間鉄分を過剰に取り続けていると腸の働きが悪くなってお通じが悪くなったり、吐きっぽくなったりします。眼球鉄症という症状が出ることもあり、時には失明のリスクもありますので、注意しましょう。健康被害に合わないようにするには、ヘム鉄サプリメントの容器に書かれている正しい使い方を守って飲むようにすることがポイントになるでしょう。ヘム鉄の摂取できる量はサプリメントによって違いますので、摂取する分量を踏まえて他の食事などもすることです。どの量からが飲みすぎで、このサプリメントはどのくらい飲めるのかなどを確認することが重要です。妊娠中の女性などは、しっかり鉄分を補給するようにと言われるケースも少なくなりようです。しかし、貧血気味でもない妊娠中の女性が、ヘム鉄のサプリメントを使いすぎると、胎児が大きく育たなかったり、血圧が上がることがあります。ヘム鉄のサプリメントを妊婦が摂取する場合は、かかりつけの医師などに相談する必要があるでしょう。

鉄サプリメントの摂取方法

貧血の体質改善にと鉄のサプリメントを使っている人は大勢いますが、適切な飲み方とはどういったものがあるでしょう。人体が必要としている栄養素の一つに鉄があります。鉄分は、血液の中にあるヘモグロビンが必要としている成分です。人間の体は、赤血球に含まれるヘモグロビンによって届けられる酸素を使って活動に必要なエネルギーを得ています。ダイエットをしていて食事の摂取量を減らしている人や、忙しくて食生活が乱れがちな人はサプリメントで鉄分を補うことが必要です。ビタミンCのサプリメントと一緒に使うことで、吸収率のよくない鉄分でも体内に取り入れやすくなります。ビタミンCを摂ることで、鉄分が吸収されやすくなります。ビタミンCは、サプリメントでもいいですが、梅干しや柑橘類などビタミンCを豊富に含む食材を使うのもいいでしょう。鉄分の摂取を妨げる飲み物もありますので、注意をしましょう。タンニンは鉄分と結びつき吸収を阻害する成分なので、コーヒーやお茶、紅茶は控えましょう。お茶で鉄サプリメントの飲むことはやめましょう。サプリメントで鉄を飲むという場合は、食事の後に白湯で飲んでください。人によっては胃に負担になる場合もあります。日頃使っている薬があるという人は、鉄サプリメントと併用しても問題ないかを主治医に相談してみてください。